シトルリン

シトルリンの美容効果

■シトルリンの美容効果

シトルリンには様々な美容効果があります。

・冷え性改善
・むくみ防止
・アンチエイジング効果

このような効果を得るには、シトルリンを一日に800mg摂取することが必要です。
この量を食材から摂るには大変で長続きはしにくいかと思いますので、サプリメントを利用したほうが良いと思います。

シトルリンは一酸化窒素をつくり出して血管を拡張させます。
血管が拡張することにより血流がよくなり美容効果が高まるのです。
血流量が増えるため冷え性が改善され、老廃物が排出されやすくなるのでむくみ防止も改善されます。
また体の隅々にまで酸素や栄養が効率よく運ばれるので、細胞が若々しい状態が保たれます。
これこそがアンチエイジングの効果です。

さらに、シトルリンには高い抗酸化作用もあります。
紫外線によりできてしまったシミの元と言われる活性酸素を分解し、肌の保護も行うのです。
この効果に目をつけた企業は、化粧品等への利用を始めました。
例えばシトルリンの化粧品として、リバイタライザーエクスチャージという商品がノエビアから販売されています。
また飲料や食品などで有名なロッテやアサヒなどはシトルリンを手軽に摂れるという商品を開発しています。
サイクルエナジーやシトルリンウォーターなどは、ご存じなのではないでしょうか。
飲み会でのお酒や食事を楽しみたい女性をターゲットにしたサイクルエナジーは、肝臓の保護や負担を減らすとして開発されました。
スポーツマンやアスリートなどの客層をターゲットにした、シトルリンガムというお菓子も発売されています。

手軽にシトルリンを摂るには、スイカを食べることが一番良いです。
スイカを7分の1にカットした量で、シトルリンの一日の必要量が補えます。
またスイカにはリコピンやβカロテン、カリウムなども含まれているので、むくみや肌の老化予防などの作用も見込めます。
ただ注意しなければならないのは、これらの栄養素は水にとけにくい性質だという事です。
そのままで食べるよりは、ヨーグルトなどの油分を含んだ食品と一緒に食べるようにするとよいでしょう。
スイカは果実のみならず、皮にも赤い実の倍以上のシトルリンが含まれています。
捨ててしまうのはもったいないですよね。
外側の硬い皮をむいて加熱すると甘みがでてきますので、いろいろな料理に利用してみてください。

シトルリンを含む食物

■シトルリンを含む食物

シトルリンはスイカやメロンなどのウリ科の植物に多く含まれています。
その中でもカリハリスイカが最も多く含んでいます。
カリハリスイカは抗酸化性に優れていて、その効果は紫外線による皮膚のダメージを緩和したり、皮膚の保湿性を高めたりします。
カラハリスイカは別名「砂漠の水がめ」と言います。
飲み水や動物のエサにも使われていますが、実はカラハリスイカはとても過酷な環境の中で育ち、その果実は小さくて甘みがありません。
しかし水分補給の効果はとても大きく、含まれているシトルリンは日本のスイカ以上にもなるのです。

シトルリンという名前はスイカの学名からつけられました。
シトルリンがスイカに多く含まれていたためかも知れません。
人間が一日に必要なシトルリンの量は800mgと言われていますが、その量はスイカの7分の1に相当します。
コンビニやスーパーなどお店で売られているカットされているスイカの大きさが、ちょうどその量になりますね。

スイカと一緒に牛乳やヨーグルトなどと一緒に食べると、スイカに含まれている栄養素を効率よく摂取できます。
スイカに飽きたころにそれらと混ぜてスムージーにしてみるのも良いですね。
とても綺麗な赤いとになるスイカスムージーは種ごと飲めますが、グリーンスムージーにする場合は種は抜いたほうがいいでしょう。
種がはいると茶色くなるので、見た目があまりおすすめできません。

シトルリンの効果を発揮させるには、摂取するタイミングがとても重要になります。
筋肉増大や脂肪燃焼効果を期待する場合には、運動する前に摂りましょう。
逆に、運動後に摂ると疲労軽減効果が期待できます。
シトルリンを含む食べ物からシトルリンを摂る場合には、天然成分なので摂り過ぎても副作用などの心配はほとんどありません。
シトルリンを含むサプリメントから摂る場合には、仮に摂り過ぎたとしても効果の即効性はありませんので、決められた量を守るよう注意しましょう。
シトルリンはもともと医療品という分類でしたが、2007年からは健康食品の分類になりました。
ですので血管に病気をもっている方がシトルリンを服用する際には、念のため、お医者さんに相談してからのほうが良いでしょう。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>増大サプリメント


TOP PAGE